取得のメリットは多い|行政書士の通信講座にかかる費用を模索しよう
筆記用具

取得のメリットは多い

PCと女性

客観的能力のアピール可能

資格には保有していなければ業務を行えない公的なものから、一定の知識や能力があることを証明するものまで、様々な種類があります。ビジネスに関するものでは、前者は弁護士や公認会計士が該当し、後者は簿記検定や情報処理技術者が代表的です。両者に共通した特長は、当該分野における客観的な能力を示すことができることです。ビジネスにおいて資格は、社内だけではなく名刺に記載して社外にも自己アピールできるため、大変人気があります。勉強方法は実務経験にもよりますが、比較的難易度の低いものは、市販テキストで独学でも十分合格可能です。しかし国家資格や公的資格は一般的に難易度が高いため、教育機関への通学や通信教育受講が合格の早道です。

教育支援制度の利用が賢明

ビジネスに全く関係の無い資格の取得費用は自腹しかありませんが、関係がある場合は社員教育のひとつとして支援する企業は少なくありません。具体的には通信教育に補助金を出したり、合格一時金を支給する制度があります。また給与に資格手当として反映する場合もあり、不動産会社における宅地建物取引士が代表例です。積極的に制度を利用すれば、軽い自己負担分だけで取得できリターンも期待できるため、大いに利用すべきです。またビジネス関係の資格は、転職活動の際にも生かすことが可能です。もちろん実績や得意分野がまず評価されますが、面接者はその内容を短時間では判断できません。しかし資格があることで、それらの客観性の補強材料になります。