子供好きに人気の仕事|行政書士の通信講座にかかる費用を模索しよう
筆記用具

子供好きに人気の仕事

女性と子供

ニーズは今後も増加傾向に

保育士といえば女性がなりたい職業のランキングで常に上位に位置していますが、最近では男性の保育士も増えており、子供が好きな人なら性別を問わずに目指す職業になっています。わが国は少子化の進行にも関わらず、保育施設が慢性的に不足しています。これは地域ごとの需給ギャップが大きいためで、特に都市部では深刻な社会問題となっています。国も小規模保育事業を認可制にするなど、新しい施策を打ち出して施設不足の解消に取り組んでいます。このことから、保育士に対するニーズも今後しばらくは増加傾向が続くものと考えられています。保育士になる方法はいくつかありますが、大別すると2種類に分かれます。1つは指定された養成機関で学ぶことで、もう1つは資格試験に合格することです。

資格を得る方法は2つ

全国約600の大学・短大・専門学校には、保育士になるための養成コースが設けられています。そこで学び、必要な単位を修めると無資格で保育士の資格が得られます。その後、都道県知事への登録を経て実際に仕事に就くことができます。学習期間は大学が4年、短大及び専門学校が2年ないし3年となります。大学及び短大には通信課程を設けているところが十数校あり、働きながら資格取得を目指す人に人気があります。一方、一般の大学に2年以上在学した人や一般の短大を卒業した人は、保育士資格試験に合格することで資格を得ることができます。試験は前期・後期の年2回実施されています。中学・高校卒業者でも一定の実務経験があれば受験資格が与えられます。